naoya_t@hatenablog

いわゆるチラシノウラであります

おまえは今まで解いた問題の数をおぼえているのか?

覚えていません
Rating History
f:id:n4_t:20170628111919p:plain

TopCoderだけでも100問ぐらいは解いたかなと思ったんだけど
いやはや
1桁足りないですね

千問解くとかは目指せてないです


CodeChefさんが最近面白くて
f:id:n4_t:20170628113412p:plain

パズドラとかぷよクエとかになんで人がハマるのか分からないけど、こういうのなら面白さが分かる、というか。
競プロ、というかパズル的なプログラミングを通じて新しい概念を学んでいくのも面白い。

Kaggleとかやるやる詐欺を続けて何年目だろう
naoya_t | Kaggle
会社のチームで出たやつがあってカウントが1になってるけど直接的には手を下してない(間接的には精度向上に貢献できたようで)

コンテストじゃないやつ

ProjectEulerさん(※Scheme縛り)
(大きめの問題しか残ってなくて、手を出すと休日が一瞬で溶けるから)最近やってない
f:id:n4_t:20170628112146p:plain

Rosalindさん(こちらはPython縛り)はLast solvedが2年3ヶ月だとおっしゃる
f:id:n4_t:20170628112338p:plain

Hackerrankさん
f:id:n4_t:20170628113536p:plain

あとがき

競プロをやってる動機って、なんで数独とかクロスワードとかを解くのか、みたいなのに近いし
やり込んで行ったらもっと解けるようになるかな、という期待もあるけど

(主として精神衛生上)重要な栄養素の1つである「(小さな)達成感」(問題によっては中くらい、あるいは大きな達成感)を好きなときに補給できる

みたいな感じだったり。
あるいはストレス発散とか…

まあ、解けるというか、休日や自由時間が溶けていくというオチですが。